交渉力はどんなビジネスでも必要とされるコミュニケーションのコアスキルです。
交渉アナリスト資格取得プログラムでは、交渉環境や交渉相手がどんな場合でも最善の対応ができるよう交渉に関する体系的な知識と、自分も相手も満足する結果を得る統合型交渉の実践技術を学びます。さらに最新の交渉理論や技術を学ぶ機会も提供し、常にビジネスの最前線で交渉力を発揮できるようにサポートしていきます。

通信講座で交渉学を学ぶへ
実技研修で交渉技術を学ぶへ
交渉アナリスト1級試験受験へ

交渉アナリスト通信講座・ネット・教室で交渉学を学ぶへ

交渉アナリスト実技研修へ

交渉アナリスト1級について
交渉アナリストfacebookページへ

お知らせ

第4回「交渉戦略研修」~ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院のケーススタディを使った研修プログラム~ のご案内New 特別セミナー
日本交渉協会副理事長・土居弘元先生 直接講義! 交渉アナリスト特別公開講座
『交渉の理論について学び、考える』~全5回~ のご案内
特別セミナー
第4回 通学ゼミ「土曜集中講座」後期課程について 通学ゼミ
第19期 交渉アナリスト実技研修の日程・場所の変更について 交渉アナリスト補
第7回 ネゴシエーション研究フォーラムのご案内
守屋淳氏講演「中国古典に学ぶ交渉」
ネゴシエーション研究フォーラム
第6回 ネゴシエーション研究フォーラムのご案内
瀬谷ルミ子氏講演「紛争地域における交渉による平和構築」
ネゴシエーション研究フォーラム
奥村哲史先生の特集がハーバードビジネスレビュー2012年10月号に掲載されています。 特別セミナー
今週末だけの「48時間限定特別企画」を行います! お知らせ
実技研修体験談を追加いたしました。(学校経営 塩野優子さん) 更新情報
体験談を追加いたしました。(若手のホープ! 由田栄亮さん) 更新情報

更新情報

2012.09.03 実技研修体験談を追加いたしました。(学校経営 塩野優子さん) 更新情報
2012.08.28 体験談を追加いたしました。(若手のホープ! 由田栄亮さん) 更新情報
2012.08.24 「交渉アナリスト1級をめざそう!」スペシャルページ開設! 更新情報
2012.08.21 facebookいいね!ボタンを設置しました。 更新情報
2012.08.07 体験談を追加いたしました。(看護部長 齋藤由利子さん) 更新情報
2012.04.22 facebookの交渉アナリスト公式ページができました。 更新情報
2012.02.15 『稼げる資格』に交渉アナリスト取材記事が掲載されました。 更新情報
2011.09.16 『稼げる資格』に交渉アナリストが掲載されました 更新情報
2011.08.11 体験談を追加いたしました。(甲知さん) 更新情報
2011.08.01 お役立ち情報「交渉お悩みQ&A」を追加いたしました。 更新情報

交渉アナリスト資格取得プログラムで学ぶ要素

交渉アナリストが学ぶ心理学的な要素 交渉アナリストが学ぶ理論的な要素
  • 状況別・交渉に強くなる方法
  • 認知的均衡理論 意思決定の認知心理学
  • 人と人との相互作用の社会心理学
  • 集団バイアスと個人バイアス
  • 交渉の心得33か条 など
  • 交渉を成功させるための手順
  • 分配型交渉と統合型交渉原則
  • 原則立脚型交渉法と交渉要因
  • 交渉決裂とその管理(BATNA)
  • ゲーム理論
  • 囚人のディレンマ
  • 価値の木
  • デシジョンツリー など

交渉は話し合いにより、相手との対立関係を協創関係に変化させ、お互いにとって良い結果を作り出す行為であり、そのための知識は多岐に渡ります。 交渉力は相手の感情と思考を理解する「心理的な洞察力」と自分の要求を納得させる「論理的な説得力」で構成されます。

交渉アナリストは、様々な力を総合的に身につけていないとなりません。

「心理的な洞察力」には、相手との信頼関係を築き、合意形成のための協働作業に持ち込むために、相手の価値観、立場、役割などを理解し、感情的な側面も配慮し、相手の心理をコントロールしていくことが求められます。相手の可能性を信じ、相手を尊重しながら、能力を引き出していくスキルは「コーチ」と同じ要素が必要ですし、相手が自分自身で気づいていない潜在意識に目を向けたり、使用言語傾向や行動パターンから心理を読み解く心理カウンセラー的な知識も交渉に活かされる要素です。

また、「論理的な説得力」は相手との信頼関係が浅い場合や、使用言語やコンテクストが異なる異文化の相手との交渉の場合は特に重要です。 三段論法や帰納法、演繹法、MECE(ミッシー)といった基本構造と具体的事例や数理的な表現の説得力は、ランゲージ・アーツ(言語技術)を土台として、ロジカルプレゼンテーションやディベートでも必須要素となっています。

このように交渉アナリスト資格取得プログラムでは、コミュニケーションスキルの集大成といえる幅広い要素を網羅しています。

このページの上部へ