交渉アナリスト知識課程(2級)交渉アナリスト2級とは?

体系的に交渉学の理論を学んだ人に与えられる資格です。

交渉アナリスト2級は、特定非営利活動法人 日本交渉協会が認定する資格で、交渉アナリストとして必要な交渉学の知識を体系的に習得した人に与えられます。

通信講座・オンデマンド講座・通学ゼミで取得可能

交渉アナリスト2級を取得するには、交渉アナリスト知識課程を履修できる3つの方法があります。

「通信講座」

特定非営利活動法人 日本交渉協会が編集したテキストによる通信教育「交渉アナリスト2級通信講座」を受講し、課題レポートの提出状況が合格基準以上であれば、修了時に資格認定証が授与されます。

受講資格
特になし
認定合格基準
添削レポート3回提出 1回の得点が60点以上、合計200点 以上
交渉アナリスト2級の合格基準の詳細へ
受講料
36,000+消費税(円)
研修運営
株式会社トランスエージェント
受講申込

「オンデマンド講座」

インターネットのビデオ講座(「トランスエージェント・ライブラーニング」)による「交渉アナリスト2級オンデマンド講座」を受講し、修了時に合格基準を満たせば資格認定証が授与されます。

受講資格
特になし。通信講座と併せて修了すると、交渉アナリスト1級試験の交渉ケース分析テストの免除申請ができます。
認定合格基準
全10回視聴+ワークブックの一部コピーを提出 解答及び追記が充分とみなされること
交渉アナリスト2級の合格基準の詳細へ
受講料
48,000+消費税(円)
研修運営
トランスエージェントライブラーニング(株式会社アンビシャス)
受講申込
受付中

「通学ゼミ 土日集中講座」

ケースメソッドによる2日間の講座を受講し、修了時に合格基準を満たせば資格認定証が授与されます。

受講資格
特になし。通信講座と併せて修了すると、交渉アナリスト1級試験の交渉ケース分析テストの免除申請ができます。
認定合格基準
2日間 全課程出席と課題レポート+修了テストの合計120点以上
交渉アナリスト2級の合格基準の詳細へ
受講料
36,000+消費税(円)
研修運営
株式会社トランスエージェント
受講申込
受付中
「交渉アナリスト2級」についてよくあるご質問
本講座は3か月を標準学習期間とし、ひと月に1枚の添削レポート提出を学習モデルとしていますが、さらに短期間に学習を終えたい方には、3枚まとめての提出も受け付けております。
ただし、講師の添削指導には、時間がかかる場合もあることを予めご了承ください(添削は遅くとも1か月以内には返送いたします)。
通信教育「交渉アナリスト養成講座」の標準受講期間は3か月、延長期間は最大3か月となっていますが、個別のやむを得ない事情が発生した場合は、お申し出により、受講期間の再延長を行っております。
交渉アナリスト知識課程(2級)の講座受講費用は、テキスト3冊、添削レポート3枚、添削指導費、2級資格認定費、教材送付費、すべて含んで36,000円+消費税です。
※2級の資格認定は合格者のみです。
特定非営利活動法人 日本交渉協会発表による、交渉アナリスト2級の合格基準は以下のように定められています。
添削レポート3回提出 1回の得点が60点以上、合計200点 以上
課題レポートは3回あり、1回100点満点で採点され、1回の点数が60点以上、3回の合計点が200点以上の条件を満たすと合格となります。
公式テキストを熟読すれば、答えられる問題が出題されています。
添削レポートの提出期限
レポート1回目:教材発送日より1か月から2か月目までの間
レポート2回目:教材発送日より2か月から4か月目までの間
レポート3回目:教材発送日より3か月から6か月目までの間
交渉アナリスト2級の認定証は、レポート提出の修了合格基準を満たした成績優秀者に認定されるものです。レポートが修了基準に満たない時には、認定されません。しかし、テキストをよく熟読すれば、解答できる内容ですのでぜひ、挑戦していただきたいと思います。講師からの添削指導も丁寧にわかりやすくを心がけて行っています。
また、添付の質問票でいつでも内容について質問できますので、上手に活用してください。皆様の合格を応援しております。 なお、認定証をお持ちの方は、フォローアップのセミナーに参加することができます。
皆様の合格を応援しております。